2012年6月27日水曜日

6/16(土) スマイルプロジェクト

スマイルプロジェクト(笑顔を届けよう)とは、1口500円の寄付を募り、企業の協力をもとに、横浜・鎌倉などの名産品のプレゼントを用意して、石巻の仮設住宅のみなさんに届けに行こうという企画です。(目標800口)

6月9日(土)の第1回栄ゴスペルフェスティバルwith石巻で、寄付金と、石巻に届けにいくボランティアさんを募りました。

スマイルプロジェクトのコーナー

品物を提供してくださった協力企業は、㈱豊島屋、鎌倉カントリークラブ、㈱ファンケル、㈱鎌倉ニュージャーマン、ヤマザキナビスコ㈱です。ご協力を心から感謝します!
ブースにたくさんの方が立ち寄ってくださり、寄付してくださいました。



小さなかわいい手からも、寄付が寄せられました。




寄付は、合計で577口、288,500円となりました。皆様のご協力を心から感謝します!
6月14日は、プレゼントの包みを作る作業の日。全部で800個のプレゼントの包みができあがり、16日の当日を待つばかりとなりました。


石巻にプレゼントを届けに行った35人のボランティアさんです。
6月15日の夜に横浜を出発したボランティアチームは、16日早朝に石巻入り。9つのチームに分かれて、仮設住宅を回りました。
仮設住宅の掲示板に貼られた、プレゼントをお届けするお知らせ文。
今回訪ねた約40か所の仮設住宅は、小規模ゆえ、今まで行政やボランティアの手が十分に届かなかった場所でした。たくさんの思いが込められたプレゼント。石巻のみなさんはとても喜んで受け取ってくださいました!

石巻駅近くも回りました。写真は、津波の被害で商売ができなくなってしまった方々が協力して、プレハブのお店を石巻駅近くに建てて商売を再開している皆さんです。応援しています!


スマイルプロジェクトに今回ご協力くださったおひとりおひとりに、心から感謝いたします。
今回、お訪ねした場所
仮設青葉西団地、仮設青葉西第2団地、仮設一番谷地南団地、仮設泉町団地、仮設日和が丘団地、仮設日和が丘第2団地、仮設駅前北通り団地、仮設日本製紙団地、仮設渡波大森団地、仮設祝田団地、仮設袖ノ浜団地、仮設大瓜団地、仮設真野団地、仮設新栄団地、仮設新栄東団地、仮設新栄中央団地、仮設井内団地、仮設小竹浜団地、仮設折浜団地、仮設西山団地、仮設家ノ入団地、仮設牧浜団地、仮設狐崎浜団地、仮設渡波北部第1~5団地、仮設垂水団地、仮設新境谷地南団地、仮設袋谷地東団地、仮設水押団地、仮設開北団地、仮設南境第2団地、仮設南境第5団地、仮設南境第6団地
石巻駅周辺、南三陸の仮設住宅

 









2012年6月26日火曜日

6/15(金) 横浜市子ども青少年局 鯉渕局長 視察

6月15日(金)に、横浜市子ども青少年局の鯉渕局長が、若者の自立支援団体、K2インターナショナルが運営する被災地支援活動拠点「K2ハウス石巻」を視察する際、お茶っこはうすオアシスにも立ち寄ってくださり、状況を視察されました。

ちょうどアメリカの学生ボランティアチーム、グローバルエクスペディションもお茶っこはうすを拠点として活動しており、話に加わわって、いろいろな話しに花が咲きました!


お茶っこはうすの前で。
真ん中が鯉渕局長。










アメリカのボランティアとの交流。

国立市社会福祉協議会からの寄付金

お茶っこはうすオアシスでは、視覚・聴覚に障がいのある方でも一緒に楽しめるバリアフリー映画上映会を1~2か月に1度開催しています。

この働きに対して、東京の国立市社会福祉協議会で主催するバリアフリー映画体験会で募集した義援金15,360円が、寄付されました。

関係者の皆様のご支援に、心より感謝します!

ドイツからの支援2

先日、ドイツの教会Evangelisch-Lutherische Kirchengemeinde Schnelsen)からチャリティコンサートの義援金が贈られましたが、再びこの教会の少年たちから、お茶っこはうすでの子どもたちの働きのためにと、18,373円の寄付金が寄せられました。感謝します!

6/15(金)~7/3(火) グローバルエクスペディッション

昨夏、アメリカからの学生ボランティアの大グループ、グローバルエクスペディションがお茶っこはうすでボランティアをしてくれましたが、今年も22人の大学生を中心とするボランティアが6月15日から7月3日にかけてお茶っこはうすに滞在し、泥だし作業を行います。

お茶っこはうすでは、6月18日(月)から29日(金)、午後4時から午後5時まで、短期英会話教室も開きます。ネイティブスピーカーとの英会話教室、ぜひ参加してください!(参加無料・初心者~上級者までどうぞ)

7月お茶っこはうすイベント予定

7月のお茶っこはうすのイベントです、ぜひ遊びにきてください♪

★7日(土) 13:00~ 子どもプログラム
  子どもたち対象の楽しいイベントです。横浜からの中学生・高校生の
  ボランティアが主催します。
  場所:あとりえDaDa 石巻市八幡町2-2-26
  参加無料、申し込み不要。

★14日(土) 10:00~ キムチづくり教室
  横浜で焼き肉店「キムさんの店」を展開する 本場・韓国料理人による
  キムチづくり教室です。
  材料費500円、7月11日(月)までに要申込み。

★21日(土) 13:30~ バリアフリー映画上映会
  上演作品は「しあわせ家族計画」。三浦友和出演。ダメパパが
  ある日突然ヒーローに。心温まるホームドラマ。
  参加無料、申し込み不要。
  視覚・聴覚障がいのある方も一緒に楽しめる映画会です。

★28日(土) 13:00~ 料理教室
  みんなで楽しくお料理しましょう!
  参加無料、7月25日(水)までに要申込み。

6/10(日) 石巻お茶っこゴスペルチーム 横浜観光

6月9日の第1回栄ゴスペルフェスティバルwith石巻に出演するために、石巻から来てくださった11名のメンバー。横浜への到着は8日の深夜でした。

9日は、フェスティバルに出演した後、いつもは石巻のお茶っこはうすで顔を合わせるボランティアメンバーと心づくしの夕食をともにしました。出演の緊張も解けたことでしょう、リラックスして皆と本当に楽しい夕食会となりました。

10日は前日と打って変わっての晴天。日中は、横浜観光へ行きました。港の見える丘公園や、外人墓地を歩き、お昼は中華街でバイキングを堪能。最後はみなとみらいでショッピングや観光を楽しんで、石巻へと帰られました。

ハードスケジュールでしたが、みなさんが横浜に来てくださり、私たちはとてもとても嬉しかったです!石巻でお会いしましょう!そして、また横浜に遊びにきてくださいね!


港の見える丘公園で


 中華街
みなとみらい

2012年6月25日月曜日

6/9 (土) 第1回栄ゴスペルフェスティバルwith石巻

** ゴスペルフェスティバルチラシはこちらから **

** スマイルプロジェクトはこちらから **



6月9日。東日本大震災復興支援イベント、「第1回栄ゴスペルフェスティバルwith石巻」の当日を迎えました。会場はJR本郷台駅近くの横浜栄公会堂です。



あいにくの雨となりましたが、11時に開場すると、来場される方が途絶えることなく、昼頃にはたくさんの方でホールは一杯になりました。
地域の復興支援への関心の高さが伺われました。

石巻の被災状況と復興活動を伝える写真展。石巻市役所からお借りました。
石巻市に隣接する女川町の子どもたちが撮影した写真「女川、子どもたちの眼、子どもたちを見守る眼」も展示されました。


ホールでは、石巻・鶴岡の物産展や、K2インターナショナルによる石巻「うんめえもん市」、石巻ZENKAI商店街のグッズがお店開き。美味しいものの数々や被災地の品物が販売され、人々でにぎわいました。
屋外では、石巻焼きそばや、たこ焼き、綿あめの屋台。子どもたちには風船がプレゼントされました。石巻焼きそばはおかげさまで完売となりました。








午後1時をまわり、いよいよゴスペルコンサート開始!
オアシス代表理事の池田がご挨拶。
 今回後援をいただいた栄区の尾仲区長からも言葉をいただきました。




出演1チーム目は、栄区を拠点に活動する、桂台ジョイフルボックス。ジャズ歌手でもある秋葉隆行先生指導によるグループです。歌で、被災地へエールを送りました。


いよいよ2チーム目は、石巻お茶っこゴスペルチーム。
石巻からこのときのために11人のみなさんが来てくださいました。代表して、Kさんが一言。
曲は、「Joy」と「Make Us One」の2曲。
みんな、ゴスペルは初めてのメンバーばかり。

でも、石巻のゴスペル教室で大きな声でゴスペルを歌い、その楽しさを知りました。
様々な思いを込めて、思い切り歌いました。
おひとりおひとりの笑顔が輝き、いのちが輝きました。

3チーム目は、合唱団Pot-au-feu(ポトフ)。
指揮者は鶴岡在住の田中宏氏です。今回の「東日本福興メドレー」は犠牲者への追悼と復興支援の思いから編曲されたものです。





4チーム目は、本郷台サウンド オブ ジョイ ゴスペルクワイヤー。「あなたは一人ではない」というメッセージが石巻に届くよう祈りを込めて歌いました。

休憩をはさんで、スペシャルゲスト、ワトト・チルドレンズ・クワイアによる躍動感溢れるステージ。石巻での慰問コンサートを終えて、このイベントに出演しました。アフリカエイズ孤児によるクワイアが、絶望の中からの希望を、ステージを通して伝えました。
ラストを飾るチームは、横須賀ゴスペルクワイヤー。迫力のステージは圧巻でした。
 そして、出演チーム全員によるフィナーレ。
みんなで歌うアメージンググレイス。
会場が感動で包まれました。

2012年6月2日土曜日

ドイツからの支援

イツの教会付オルガン奏者の大越はづきさんの所属する教会(Evangelisch-Lutherische Kirchengemeinde Schnelsen)で、今年4月に、日本の震災の復興を祈念するコンサートがありました。

その折の義援金、コンサートには来られなかったけれども義援金を捧げたいという有志の方々、また青少年からの献金など、集計して164,054円が、お茶っこはうすにおける子どもたちの働きのために寄付されました。

ドイツからの温かいご支援のお気持ちに心から感謝します!

6/4(月) ワトト・チルドレンズ・クワイアコンサート

ウガンダのエイズ孤児によるゴスペルグループ、ワトト・チルドレンズ・クワイアが、6/4(月)石巻の渡波小学校で慰問コンサートを開きます。

ワトト・チルドレンズ・クワイアは、世界各地を回って、エイズや内戦がもたらしたアフリカの状況を伝えるとともに、熱い歌声とエネルギッシュなダンスを通して、いのちの輝きと希望のメッセージを伝えています。

15:30開場、16:00開演。入場無料です。ぜひご参加ください。参加ご希望の方は、お茶っこはうすオアシスまでご連絡ください。(電話:0225-25-5071)

http://watoto.jp/

5/20(日) バリアフリー映画上映会・ジャグリングチーム

今日のプログラムは韓国映画「牛の鈴音」です。年を重ねた農夫と一頭の老いた牛の暮らしを見つめたドキュメンタリー映画です。
今回は、映画会の常連さんの視覚障がいのある方が5名と、石巻社協の付き添いの方、近隣からはリピーターの方や初参加の方が。全部で11人の方々が来てくださり、一緒に映画を楽しみました。
みなさんの映画を観るほのぼのとした表情に、なんだかこちらも和みました。次の予定を早く知りたい!と言ってくださる方も。嬉しいです。

終了後のお茶会もとても楽しいときでした。みなさんよくおしゃべりし、6月4日(月)に石巻で行われるワトト・チルドレンズ・クワイアのコンサートにも皆で行くことになりました。

今回のボランティアスタッフ。

写真に写っている一部の方は、ジャグリング(大道芸)のパフォーマンスのボランティアで、近くの公民館(湊荘)のイベントに出演しました。

活気に満ちた会場には100名を越える近所のおじいちゃんおばあちゃんが集まっておられました!

5/19(土) ゴスペル教室

今日は、6月9日に横浜で開催されるゴスペルフェスティバル前の最後の練習日です。
石巻で練習していたメンバーで、フェスティバルに出演するのです。
今日は9人の方が参加してくださりとても充実した練習となりました。
特に新しい方がこどもさんを含めて4名参加してくださり、最終的にフェスティバルへは10人が出演することになりました。中には、お休みがとれず、お仕事を辞めてまで出演してくださる方も。。

横浜では、準備が急ピッチで進められています。
石巻のみなさんが横浜に来てくださるのを皆でとても楽しみにしています!

練習の様子